2019(H31→R元)年度

授業bP9・20 日本の仏教A(鎌倉仏教)・日本の仏教B(日蓮、日本文化と仏教)

T.Q.「浄土教と浄土宗と浄土真宗の関係とは?」

T.A.
浄土教は阿弥陀仏の本願を信じて称名念仏(南無阿弥陀仏と唱える)する信仰である。法然がそれを民衆向けに改めた浄土宗では、凡夫の行は念仏のみとする専修念仏を説いた。また、親鸞の開いた浄土真宗は浄土宗と異なり、弥陀の本願をひたすら信仰するという絶対他力を説いた。

T.Q.「仏教が日本文化に与えた影響とは?」 

T.A.
古くは仏教を大陸の先進文化として受容し大きな役割を果たした。また、因果応報・自業自得というそれまでの日本になかった道徳観念を与えた。さらに、芸術面では無常観が色濃く西行に代表される遁世者による中世文学や、世阿弥の能楽などの幽玄の美、千利休の侘び茶の心に影響を及ぼした。

9月17日(火) 3I倫理

「悪人はなおさら。」 ※( )内は、授業担当者

「悪人はなおさら(極楽浄土に往生できる。親鸞の悪人正機説)。」とありますが、救われる悪人もいれば、救われない悪人もいると思います。そして、自分のやった(悪い)ことに対して後悔する悪人は救われると思います。

授業担当者からのコメント:私、この文章に、少し救われました。ありがとうございます。

「(悪人は地獄行き)」

悪人は救われたらだめだ、と思う。なぜなら、悪人が救われるのなら、人は善人でいる意味がないと思ったから。

授業担当者からのコメント:「善人でいる」ということは、「無理して善いことをしている」ということなのでは? たとえば、「こうしないと、みんなから悪い人と思われる。先生に内申書で悪く書かれる」とか。「こうしないと、極楽に行けない」とか。…それって、一見善に見えても、肝心な「善(よ)さ」がないのでは? 「ふしあわせなしあわせ」が、一見しあわせに見えても、肝心な「しあわせさ」がないように。

「ある言葉」

今日の授業を受けていて、ある言葉が出てきました。それは「他力本願」です。けれど、少しその意味を考えてみましたが、よくわかりませんでした。それは、他力に身を任せて願うだけなのか…?

授業担当者からのコメント:「他力」の「他」が「すべての生きとし生けるものを救うことを本願としている」阿弥陀仏なので、その阿弥陀仏と「両想いになろう」ということなのでは?

9月25日(水) 3K倫理

「親鸞」

今日は、悪人正機説の教えがどんなものかが分かりました。例えば、自らの悪の自覚がなければ仏にすがる心は生まれず、また仏の慈悲による救いがなくては悪人としての自己を受け入れることもできないということが分かった。

授業担当者のコメント:「なるほど」と思いました。私の方が、教えてもらいました。