2019(H31→R元)年度

授業bU プラトン

T.Q.「プラトンの二元論哲学の内容とは?」

T.A. 
イデア論の中でプラトンは真実在のイデア界と不完全な現実界を対比させ、人間は肉体に閉じこめられた囚人だと言った。そのため、「私たちの魂はかつてそこに存在した故郷のイデア界を想起し恋慕する」としてエロース(知への愛)を説いた。また、このエロースの最終的到達地点は善のイデアである。

5月24日(金) 3I倫理

「プラトニック(プラトン的)」

作品をつくる時に、頭の中にあるものをそのまま描けなくて、不完全なものしかできなかった。なので、この「頭の中にある完成形」が、プラトニック(プラトン的)なものだと思う。
授業担当者からのコメント:なるほど、あなたは作品を描く人なのですね。美術部?

「プラトンについて」

プラトンは理想をもつことが大事だと、教えてくれた。だから、自分も「これでいいや」で終わるのではなく、理想を高くもって日々努力しようと思った。

「魂の三分説を知って」

魂には理性・意志・欲望の部分がある、ということがわかったが、私には人に合わせてしまって、自分の意志を伝えることができないことがある。なので、常に自分の意志をもって生きていきたい。

「理想と現実」 ※( )内は、授業担当者

想像していることと現実は違うし、「もっと現実を見なさい」と言う人が、多くいたりする。だが、(よく)生きていくためには、(理想的なことを)想像する力や(知恵の徳を働かせる)理性がとても必要なことなんだ、と思った。

5月27日(月) 3K倫理

「イデア界」

「大人になっていつか死んだとしても、誰かが自分のことを少しでも思い出してくれたら、この世の中に生きてはいないけど、この世の中に存在している」というところが、とても深いと思った。だから、私も大切な人のことを、ずっと忘れないようにしたい。

「プラトンすごい」

ソクラテスの言っていることは少し難しいと感じていたけど、プラトンはそれを分かりやすく説明していた。だから、すごいと思ったし、正義の徳についても、何が正義なのかが分かりやすかった。

授業担当者からのコメント:
プラトンの考える正義とは、「知恵の徳と勇気の徳と節制の徳をみんなが発揮することで、世の中もよくなるし、みんな幸せになれるよ」ということです。私も、とても分かりやすい説明だと思います。

「プラトン」

私は、プラトンの考え方が好きです。なぜなら、私自身、理想について想像することがとても好きだからです。ちなみに、理想と妄想は同じですか?

授業担当者の回答:理想…ソクラテスのいう問答法で自覚する自分の中にあるよい人間性や、プラトンのいう知への愛・憧れがエネルギーになって求め続ける善や美のイデアが理想なのではないでしょうか。妄想…仏教の言葉で、「正しくない思いや考え」。心理学の言葉で、「病的な思いや考え(誇大妄想や被害妄想など)」。